難しい小児科

様々な医療分野の中で看護業務が最も難しいと言われるのが小児科です。その理由をいくつか挙げてみましょう。
まず、子供は採血や点滴一つにしても血管が細く、高度な技術を要するという点です。
それに患者との意思疎通が難しいと言うこともあります。
子供はなかなかうまく説明ができないため、保護者との会話がメインになります。その保護者との折り合いも難しいものなのです。我が子が病気で心配でたまらないというのが保護者の気持ちですから、しっかり理解してあげて、まず保護者を安心させてあげなければいけません。お母さんの気持ちは子供に以心伝心します。お母さんが落ち着けば、おのずと子供も落ち着きます。そこをしっかりと理解していなければなりません。しかし子供のことをすべて理解できているわけではないので、些細な見落としがないように、子供が出しているSOSのサインをしっかり観察してあげなければなりません。簡単なようで難しいことですよね。
しかしこんな難しいことばかりの小児科ですが、難しいイコール不人気というわけではなく、看護師の間では人気があります。小児科に勤務できなくても、小児科に携わりたいという観点から、内科や耳鼻科などで働く看護師も多く、中には小児看護師の「空き」を待つ看護師もいるほどなのです。
やはり難しい医療分野なのでスキルや経験を積みたい看護師には人気なのかもしれませんね。また子供が好きで、将来は保育園の看護師や助産師などを目指している人にも人気の分野のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です